Home > 法人のお客さま > 社長の年金と退職金

 

 



社長の年金や退職金には長期の戦略が必要


社長の年金

 

社長は年金をカットされてしまう!?

 老齢年金は原則として65歳にならないともらうことができません。現在60歳前後の方はもう少し早くからもらえる可能性もありますが、「在職老齢年金」という制度があり、給与(報酬)や賞与をたくさんもらっている方は老齢厚生年金がカットされてしまいます。
 年金をもらおうとすれば、給与(報酬)や賞与の金額をコントロールする必要があります。

【もっと詳しく(Blog Link)】

 

そもそも年金とは何か? 保険料を1年払ったらいくら増える?

【もっと詳しく(Blog Link)】

 

令和4年4月に改正されること

 年金制度について、令和4年4月から改正が予定されています。

 

【もっと詳しく(Blog Link)】

 

社長の退職金

 

企業型 確定拠出年金(DC)を導入するという方法

 

【もっと詳しく(Blog Link)】

 

小規模企業であれば中小機構の共済制度を使うという方法

 

【もっと詳しく(Blog Link)】