会社で発生する その「困った!」         
        専門家と一緒に解決方法を考えてみませんか


 

 



Office aya9 で取り扱う業務


 

 Office aya9 は社会保険労務士 & 行政書士の事務所。また、事務所代表は長年にわたり企業財務や金融、不動産、ファイナンシャルプランなどに関する仕事を行ってきており、多角的・総合的な視点で会社が成長するためのお手伝いをさせていただきます。

 

がんと診断された従業員の 治療と仕事の両立支援

 

 従業員が「がん」と診断されたとき、会社が がん治療と仕事を両立支援するためには2つのことが不可欠となります。
 一つは、治療に要する時間を確保するための休暇・休職やテレワークなどの職場環境を整備すること。
 そして もう一つは、従業員が働くことのできない期間には社会保険などを使い、その間の生活を支援する手続きを行うこと。
 定年の延長などにより、今後は年配の従業員が増えることとなります。そのため、がんと診断される従業員の事例も多く発生することが想定されます。
 従業員のモチベーションに直結する安心感を今のうちに作っておきませんか。

 

職場環境の整備

 職場環境の整備は、主に制度の確立とそれに伴う規程の見直しに集約されます。
 ある従業員が がん と診断されたことを理由として規程の整備を始めると、他の従業員が不平・不満を持つケースが多く見受けられます。
 規程の整備により助成金がもらえることもありますので、できるだけ早い段階で「その時」の準備をしておくことがオススメです。

 

生活支援の手続き

 がん治療で仕事ができない間、従業員は収入が途絶えることになります。また、治療に要する費用は一般に高額になります。
 会社は、社会保険や労働保険の制度設計をきちんと説明することで従業員に安心感を持ってもらうと同時に、各種支援の手続きを的確に行ってください。

 

事業承継10年計画の実施に向けて必要なこと

 

後継者へバトンを円滑につなぐために

 

引退後の生活に向けて必要なこと

 

年金

 

遺言書と遺産分割協議書の作成

 

判断力がある間に締結しておくべき契約

 

許認可申請手続きのお手伝い

 

 許認可は「人材」「お金」「事務所」の3条件が一定の基準をクリアすることによって初めて認められます。また、許可などの取得後も定期的な行政への報告や更新手続きなど、多くの事務処理が必要となります。

 

参入に申請などが必要な業種とは

      その他の申請もご相談ください。

 

会社を成長させるために必要なこと

 

経営管理

 

労務管理

 

従業員のための福利厚生

 

 

お知らせ

 

ちょっとマニアックなブログ