人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
そもそも労働者派遣法って何だ?(Q&A)

 労働者派遣は特殊な働き方になるので、法律によって多く規制が定められています。派遣社員を送り出す側の派遣元事業主ももちろんですが、派遣社員を受け入れる事業主にも多くの規制があり、法違反になると想定外のペナルティが科せられ […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
日本貨物検数協会(日興サービス)事件 ~みなし申込みに対する労働者の承諾を認めず~

令和2年7月20日/名古屋地方裁判所(平成29年(ワ)5158号)令和3年10月12日/名古屋高等裁判所(令和2年(ネ)551号)最高裁上告中 どのような事件ですか 事案の概要 業務委託契約の注文主である日本貨物検数協会 […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
東リ(ライフ・イズ・アート)事件 ~偽装請負により直接雇用が認められた初めての判例~

令和2年3月13日/神戸地方裁判所(平成29年(ワ)2030号)令和3年11月4日/大阪高等裁判所(令和2年(ネ)973号)令和4年6月7日/最高裁判所(令和4年(オ)228号、令和4年(受)278号) どのような事件で […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
労働契約申込み みなし制度

 労働者派遣法には、違法派遣の是正を目的として、「労働契約申込み みなし制度」が設けられています。(法第40条の6、法第40条の7) この制度は平成27年10月1日から施行されていますが、世間一般にはあまり知られておらず […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
派遣と請負の境界線 ~偽装請負と判定されないために~

 注文主と労働者との間に指揮命令関係がある場合には、請負形式の契約により行われていても労働者派遣事業に該当し、労働者派遣法の適用を受けます。 ところが、この区分の実際の判断は、必ずしも容易でないことから、派遣と請負の境界 […]

続きを読む
派遣社員を受け入れる
派遣先管理台帳の整備

    派遣労働者を受け入れる場合、派遣先は派遣先管理台帳を作成し、派遣労働者ごとに記載した事項を3年間保存しなければなりません。(法第42条) また、派遣先管理台帳に記載した事項を1箇月に1回以上一定の期日を定め(+請 […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
労働者派遣事業の「許可申請」手続き

 労働者を派遣する事業は原則として行うことができません。「できない」ことを法的に行おうとするには、特例的に「許可」を受けることになります。 一方、許可を受けたのちに一般的に行うことは「届出」という行為になります。許可され […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
紹介予定派遣 Q&A

 人材を募集するにあたっては、「紹介予定派遣」の制度を活用する方法があります。こちらでは「紹介予定派遣」として労働者を受け入れるときの措置を記載しています。 紹介予定派遣とは  「紹介予定派遣」とはどのような制度ですか […]

続きを読む