よくわかる「偽装請負と労働者性」
偽装請負って何だ?

 あなたの使用者はだれですか? 自分の使用者からではなく、発注者から直接、業務の指示や命令をされるといった場合「偽装請負」である可能性があります。 フリーランスは個人事業主なの? 労働者なの? 【詳しい解説】 フリーラン […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
日本貨物検数協会(日興サービス)事件 ~みなし申込みに対する労働者の承諾を認めず~

令和2年7月20日/名古屋地方裁判所(平成29年(ワ)5158号)令和3年10月12日/名古屋高等裁判所(令和2年(ネ)551号)最高裁上告中 どのような事件ですか 事案の概要 業務委託契約の注文主である日本貨物検数協会 […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
ハンプテイ商会(AQソリューションズ)事件 ~偽装請負等は認められなかったが、労働者性が認められた業務委託契約~

令和2年6月11日/東京地方裁判所(平成30年(ワ)34001号)(確定) どのような事件ですか 事案の概要 ソウフトウェア開発の業務をAQソリューションズから受託していた原告のシステムエンジニア(SE)は、もともとの発 […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
東リ(ライフ・イズ・アート)事件 ~偽装請負により直接雇用が認められた初めての判例~

令和2年3月13日/神戸地方裁判所(平成29年(ワ)2030号)令和3年11月4日/大阪高等裁判所(令和2年(ネ)973号)令和4年6月7日/最高裁判所(令和4年(オ)228号、令和4年(受)278号) どのような事件で […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
フリーランスと雇用の境界線 ~労働基準法と労働組合法から見た「労働者」とは~

   フリーランスなどの個人事業主は、見かけ上、雇用ではありませんが、その実態によっては労働者性が認められることがあります。労働者性が認められれば労働関係法令の保護を受けることができます。 労働基準法における「労働者性」 […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
派遣と請負の境界線 ~偽装請負と判定されないために~

 注文主と労働者との間に指揮命令関係がある場合には、請負形式の契約により行われていても労働者派遣事業に該当し、労働者派遣法の適用を受けます。 ところが、この区分の実際の判断は、必ずしも容易でないことから、派遣と請負の境界 […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
労働者派遣法を読む ~労働契約のみなし申込み~

 平成27年10月1日に労働者派遣法が改正され、「労働契約申込み みなし制度」が施行されています。法施行から一定の時間が経過したことから、この制度をもととした裁判例も見られるようになってきました。 労働者派遣法 第40条 […]

続きを読む