よくわかる「偽装請負と労働者性」
派遣と請負の境界線 ~偽装請負と判定されないために~

 注文主と労働者との間に指揮命令関係がある場合には、請負形式の契約により行われていても労働者派遣事業に該当し、労働者派遣法の適用を受けます。 ところが、この区分の実際の判断は、必ずしも容易でないことから、派遣と請負の境界 […]

続きを読む
派遣社員を受け入れる
派遣先管理台帳の整備

    派遣労働者を受け入れる場合、派遣先は派遣先管理台帳を作成し、派遣労働者ごとに記載した事項を3年間保存しなければなりません。(法第42条) また、派遣先管理台帳に記載した事項を1箇月に1回以上一定の期日を定め(+請 […]

続きを読む