人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
原則禁止の日雇い派遣 Q&A

 日雇労働者の派遣は原則として禁止となっています。ただし、職種や属性などに例外が設けられています。 日雇派遣の概要  なぜ日雇派遣が禁止されているのですか  日雇派遣(日雇労働者についての労働者派遣)は、必要な雇用管理が […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
そもそも労働者派遣法って何だ?(Q&A)

 労働者派遣は特殊な働き方になるので、法律によって多く規制が定められています。派遣社員を送り出す側の派遣元事業主ももちろんですが、派遣社員を受け入れる事業主にも多くの規制があり、法違反になると想定外のペナルティが科せられ […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
偽装請負って何だ?

 あなたの使用者はだれですか? 自分の使用者からではなく、発注者から直接、業務の指示や命令をされるといった場合「偽装請負」である可能性があります。 フリーランスは個人事業主なの? 労働者なの? 【詳しい解説】 フリーラン […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
労働契約申込み みなし制度

 労働者派遣法には、違法派遣の是正を目的として、「労働契約申込み みなし制度」が設けられています。(法第40条の6、法第40条の7) この制度は平成27年10月1日から施行されていますが、世間一般にはあまり知られておらず […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
毎年変動する「最低賃金」の額を確認していますか

最低賃金制度とは  最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度です。仮に最低賃金額より低い賃金を労働者、使用者双方の合意の上で定めて […]

続きを読む
よくわかる「偽装請負と労働者性」
派遣と請負の境界線 ~偽装請負と判定されないために~

 注文主と労働者との間に指揮命令関係がある場合には、請負形式の契約により行われていても労働者派遣事業に該当し、労働者派遣法の適用を受けます。 ところが、この区分の実際の判断は、必ずしも容易でないことから、派遣と請負の境界 […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
職業紹介事業の「許可申請」手続き

 有料であっても無料であっても、地方公共団体などを除き、職業を紹介する事業は原則として行うことができません。「できない」ことを法的に行おうとするには、特例的に「許可」を受けることになります。 「職業紹介」とは、「求人及び […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
労働者派遣事業の「許可申請」手続き

 労働者を派遣する事業は原則として行うことができません。「できない」ことを法的に行おうとするには、特例的に「許可」を受けることになります。 一方、許可を受けたのちに一般的に行うことは「届出」という行為になります。許可され […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
労働者派遣事業における欠格事由

 法人(役員を含む)が欠格事由に該当する場合、労働者派遣事業の許可を受けることはできません。(労働者派遣法第6条) 主な欠格事由は以下に挙げるものになりますが、特に役員が該当していないか慎重に聴取する必要があります。 禁 […]

続きを読む
人材派遣制度や職業紹介制度を活用する
労働者派遣事業を行うにあたって必要な財産の条件

 労働者派遣法第7条第1項第4号では、事業の許可をするための基準として「申請者が当該事業を的確に遂行するに足りる能力を有するものであること」を掲げています。具体的には、「労働者派遣事業関係業務取扱要領」の中で以下の4つの […]

続きを読む