医療機関等の窓口での支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請することにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。
 しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。
 「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関等の窓口(保険医療機関(入院・外来別)、保険薬局等それぞれでの取扱い)に提示すると、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。
 なお、同月に入院や外来など複数受診がある場合は、高額療養費の申請が必要となることがあります。また、保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。

【出典】協会けんぽHP「医療費が高額になりそうなとき(限度額適用認定)

限度額適用認定証申請の流れ

計算例

1か月の総医療費(10割):100万円 / 所得区分:標準報酬月額28万〜50万円 / 窓口負担割合:3割

限度額適用認定証を提示しない場合
 医療機関窓口で300,000円(3割負担)を支払って、後日高額療養費の申請により、212,570円が払い戻され、87,430円の自己負担となります。
  自己負担限度額:80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

限度額適用認定証を提示した場合
 支払額は87,430円(自己負担限度額)のみとなり、高額療養費の申請をする必要はありません。