遺言は相続をめぐる紛争を防止するために有用な手段です。そして、自筆証書遺言は自書さえできれば遺言者本人のみで作成ができ、手軽で自由度の高いものです。
 しかし、遺言者本人の死亡後、相続人などに発見されなかったり、一部の相続人などにより改ざんされるなどの恐れが指摘されています。
 この自筆証書遺言のメリットを損なわず、問題点を解消するための方策として、令和2年7月10日から自筆証書遺言保管制度が開始されています。

【出典】法務省HP「預けて安心!自筆証書遺言保管制度

  なお、制度の利用に当たっては以下の点に注意してください。

  • 遺言の内容について法務局で相談に応じることはできません。行政書士とご相談ください。
  • この制度は、保管された遺言書の有効性を保証するものではありません。

(2ページ)https://www.moj.go.jp/MINJI/common_igonsyo/pdf/igonsyo_flyer_r3.pdf

自筆証書遺言書保管制度のご案内

 (16ページ)https://www.moj.go.jp/MINJI/common_igonsyo/pdf/igonsyo_panfu_r3.pdf

【出典】法務省HP「自筆証書遺言書保管制度 関連情報・リンク集